読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きんいろイーブイズ

国際孵化の進捗や、オフの構築なんかをgdgdと垂れ流す予定

2/11ポケサー大会

みなさんおはこんばんにちわ。ゴダイゴです。

 

さて、今回は私が所属する大学のポケモンサークルの身内大会に参加してきましたので、そのことについて書きたいと思います。

〜大会の概要〜

・3人または4人でチームを組み、それぞれシングル、ダブル、マルチによって対戦し、その勝ち数で勝敗を決める。(3人チームはシングルかダブルの担当の人がマルチも兼任する)

・各レギュレーションごとに、カプUB以外の7世代ポケモンを1匹以上入れる(リージョンフォームも可)

・1チームのポケモン24匹のうち、どのポケモンも被ってはいけない。

・過去作産のポケモンの使用は可

 

その中で今回私はシングルで参加しました。

使用ポケモンはこの6匹です。

f:id:pokemosa_evs:20170214003356j:image

 

それでは、今回私が使用したパーティの紹介を軽くしていこうかと思います。

 

f:id:pokemosa_evs:20170213091005p:image

イーブイ@イーブイZ

NN:マフィン

特性:適応力

臆病HSベース

とっておき アシパ みがわり バトン

今回のブイズ枠。ナイエボは通せると無類の強さを誇るが正直私自身がナイエボをまだうまく使いこなせてないので選出率は控えめ。しかしながら、決勝では満を持して選出しナイエボの可愛い演出を偽トロに映すことが出来たので個人的には大満足。因みに私は甘えて適応力で妥協してるけど、この手のイーブイは危険予知一択です。

 

f:id:pokemosa_evs:20170213091854p:image

カプ・テテフ@エスパーZ

NN:まぐ

特性:サイコメイカー

控えめCS

サイキネ ムンフォ 10万 シャドボ

イーブイとの相性の良さや、元のポテンシャルの高さを買って採用した枠。Zがダブってしまうがナイエボを引き継いだこの子にそもそもZ技なんて要らない(めざ炎は欲しい) 最初はこの枠にどうしても自慢の色♀ニンフィアを入れたかったがどう考えてもテテフの方がいいという結論に至ったのでニンフィアはマルチのみっつくんに託すことにした。決勝のナットレイ対面でDダウンを引いて突破してくれた非常に頭のいい子。

 

f:id:pokemosa_evs:20170213092448j:image

Aキュウコン@きあいのタスキ

NN:スミノフ

特性:ゆきふらし

臆病CS

オーロラベール 吹雪 アンコール ムンフォ

イーブイが安定してナイエボできるように採用。のはずが選出はゼロ。でもこいつのおかげでナイエボ警戒させておいてしっかり裏を通すことが出来てたところもあると思うので影の功労者でもあると思う。

 

f:id:pokemosa_evs:20170213093239p:image

ポリゴン2@しんかのきせき

NN:Pepper

特性:トレース

図太いHB

放電 冷凍ビーム シャドボ 自己再生

パーティ単位で重いギャラドスをなんとかする枠。今回の大会では全くギャラを見なかったので残念ながらこの子も選出ゼロ。このパーティはギャラだけでなくドランやレヒレも重いので彼らもケアできる別のポケモンを採用した方がよかったかもしれない。

 

f:id:pokemosa_evs:20170213203952p:image

リザードン@リザードナイトX

NN:ボルカノ

特性:もうか→かたいツメ

意地HAS調整

フレドラ ドラクロ 竜舞 羽休め

今回のメガ枠でありエース。カバリザで選出しても良し、ナイエボの終着点で起用しても良しのポケモン。型はかなり悩んだが、ナイエボを受ける際耐久が上がってる為場持ちを良くしたら強いのでは?という安易な発想から羽休めを採用してみた。ただ、地震や雷パンチとか入れたい技は他にもあるけどかといって切れる技も無いという技スペが厳しいポケモンだなって感じた。

 

f:id:pokemosa_evs:20170213204926g:image

カバルドン@ゴツゴツメット

NN:バカルディ

特性:すなおこし

腕白HBD調整

地震 岩石封じ ステロ 欠伸

初めて使ってみたポケモンだったが、予想以上に使いやすかった。選出率は100% カバリザの並びもシンプルに強かったし、テテフやイーブイにつなぐために仕込んだ岩石封じも予想以上に活躍してくれた。S操作技は神。技構成もこれで特に問題なかったと思う。

 

選出は基本的にカバリザテテフ、行けそうだと判断した場合のみナイエボを通していく形を取っていました。個人成績は予選6試合で5勝1敗、チーム全体でも5勝1敗で予選通過を果たし、決勝でもシングルの部で勝利、マルチも勝利し私のチームが優勝を収めました。今回はチーム戦ということでバトルの勝敗が自分自身だけの問題ではないということに多少なりともプレッシャーは感じたが、それも一味違う楽しさがあったし勝った時の喜びを分かち合えるのはチーム戦の醍醐味だなと感じました。(むしろプレッシャーを特に感じてたのは決勝進出をかけた勝負になったり、優勝がかかる勝負になったりしたマルチの2人だと思う) Skypeで長時間会議したり、事前打ち合わせを入念に行えたのも良かったと思う。同じチームで共に戦ってくれたマフジとみっつには感謝しかないです。ありがとう。

 

最後になりましたが、今大会を企画した(自分を含めた)運営各位のみなさんお疲れ様でした!

これからは一層忙しくなり、サークルに顔を出す頻度も少なくなるかもしれないが可能な限り参加して行きたいと思うので来年度もよろしくお願いします。

 

終わり